新型コロナで自宅待機になった場合でも入院給付金が出る医療保険はあるのか?

コロナ感染症の医療保険

コロナに罹って自宅待機になっても、入院扱いとなって入院給付金が出る医療保険について解説します。

コロナ感染の経済的リスクをカバーする生命保険はあるのか?

新型コロナウイルスに感染すると、症状が軽くても入院か自宅待機が必要になってしまいますが、その間、仕事ができなくなったり出勤ができなくなることで、経済的損失が発生します。仮に入院せずに自宅待機となっても、それをカバーしてくれる医療保険が存在しています

保険会社の見解の事例
新型コロナウイルス感染症と診断され、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)、または宿泊施設や自宅にて医師等の管理下で療養している場合は、「入院」として取扱い、医師の証明書等をご提出いただくことで入院給付金等の支払い対象となります。

コロナ感染症は「第2類」に分類されているため、もしコロナに罹ると、入院か自宅療養が必要になります。感染者の自宅待機の療養期間は、長いと発症日の翌日から10日間となります。一般的には会社に出勤できない期間は欠勤扱いとなって給料が減額されてしまいます(会社によっては有休休暇を充ててくれる場合もありますが…)。

自宅療養中に元気に回復していたとしても出勤することはできないので、経済的損失が発生します。これをカバーしてくれる医療保険があります。ちまたではこれを「コロナ保険」と呼ぶこともあります。

厚生労働省ウェブサイト】 新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)
新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当は支払われません

自宅待機

コロナ感染には自分自身で備える

コロナに感染した場合、その経済的損失を誰もカバーしてくれないので、自分自身でカバーして守るしかありません。そのために最適な医療保険があります。

コロナ感染対策の保険としてチェックすべき大切な点は下記についてでしょう。

【コロナに備える保険を選ぶ時のチェックポイント】
① 自宅療養中であっても病院への入院と同等とみなして、日額の入院給付金が出る
② 自宅療養になっても入院したことと同等とみなして、入院一時金が出る
③ コロナに罹った場合に、診断一時金が出る

自宅療養中であっても病院への入院と同等とみなして、日額の入院給付金が出る

各保険会社の見解にもよるのですが、自宅療養中であっても病院への入院と同等とみなして、日額の入院給付金が出る保険商品を選ぶことが大切です。入院日額が1万円出る保険に加入していたとすると、10日間も自宅療養ということになれば、10万円の保険金がもらえることになります。これは大きいですね。

自宅療養になっても入院したことと同等とみなして、入院一時金が出る

各保険会社の見解にもよるのですが、自宅療養になっても入院したことと同等とみなして、入院一時金が出る保険商品を選ぶことが大切です。入院一時金が20万円出る保険に加入していたとすると、自宅療養になったことで日数に関係無く20万円の一時金がもらえることになります。これも大きいですね。

コロナに罹った場合に、診断一時金が出る

各保険会社の見解にもよるのですが、第2類に分類されているコロナに感染すると、特定感染症診断の一時金が出る保険商品を選ぶことが大切です。特定感染症診断の一時金が10万円出る保険に加入していたとすると、自宅療養になったことで日数に関係無く10万円の一時金がもらえることになります。やはりこれも大きいですね。

医療保険でカバー

この3つの保険金が同時に出る医療保険があります!

コロナで自宅療養になってしまうリスクに備える3つの保障内容を同時に満たしているコロナ保険(医療保険)はあるのでしょうか?

答えは「Yes」です」。コロナに罹ってしまって自宅療養を余儀なくされた場合に、大きな保障でカバーされる保険があります。

たとえば、上記のような保障内容で保険に加入した場合、10日間の自宅療養をすると、合計で50万円の保険金を受け取ることができます

【合計50万円】
① 10日間の自宅療養の入院給付金 10万円(日額1万円✕10日間)
② 自宅療養は入院扱いで一時金 20万円
③ コロナに罹ったので特定感染症診断一時金 10万円

保険で安心

コロナ対策の保険料はいくら?

コロナ感染に対して手厚い保障を付けた場合の保険料はいくらくらいなのでしょうか?

もちろん保険会社や被保険者の年齢にもよりますが、目安として、月々3,000円~8,000円 程度です

一定期間が空けば、保険期間中に何度でも保障されるので安心です。1回使ったからもう出ない、ということではありません。

掛け捨ての保険なので、状況が変わったら保険を解約することが可能ですし、積み立て部分が無いので、途中解約で損をすることがありません。

意外に安くて厚めの保障だと思いませんか?

安い保険料

コロナ対策保険の加入方法は?

私たちは東京を拠点として日本全国対応をしている保険代理店ですが、小さなコロナ対策保険のために、わざわざ来てもらうのは申し訳ないと思って下さる方が多くいらっしゃいますが、気にしなくても大丈夫なのです。

なぜなら、このコロナ対策のための生命保険は、オンライン面談で契約できる保険商品なので、日本全国どこでも訪問せずに対応が可能なのです。携帯電話やパソコンやインターネットでつながって、丁寧に説明を聞いてもらって、保険を購入できるので、安心して保険を加入することができます。また保険の契約後の対応もシステムで管理しているため、契約内容についての相談も親身に対応できるようになっているのでご安心ください。

電話やインターネットからお問い合わせいただければ、1週間ほどで契約をすることが可能です。保険料の支払いもクレジットカード払いが可能ですので簡単です。保険加入のための健康診断も必要ありません

オンラインで保険契約

法人契約もできます

コロナ対策保険という響きから、個人で加入する保険だと思われますが、法人で契約することも可能です。その保険料は全額損金になります。法人契約についてご興味があればお問い合わせください。法人のご契約でも、オンライン面談でスムーズに契約まで進むことができます

オンラインで契約可能な保険が増えています

コロナの影響もあって、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波が保険契約にも及んできました。つまり、実際には会わずに、オンラインでやり取りをして契約できる生命保険がたくさん生まれているのです

死亡保障の無い医療保険だけではなく、大きな死亡保障がしっかり付いている保険もオンラインで契約することができるようになっています

今までは会うことができるお近くの保険代理店で契約することが普通だったのですが、今の時代は、インターネットやオンラインで、日本全国から使い勝手の良い保険代理店を使って保険契約することができるようになっています。幅広い商品から最適の保険を選び出して、それを組み合わせて最適な保険ポートフォリオを作ってくれる保険代理店を使って、最適な保険の入り方をしていくことをお勧めします。

オンラインで加入できる保険

会社経営における生命保険の活用

法人保険ナビでは、既契約のお客様やメンバー様向けに、さらに具体的な生命保険の活用方法や、オーナー経営者にメリットがあるための経営ノウハウが分かりやすく書かれているメンバー専用記事を用意しています。

当社サービスのお客様や、保険導入予定で商談中のお客様は、「メンバー専用記事」をご覧ください。そうではない方でご興味がある方は、文章の下にあるLINEお電話問い合わせフォームからお問い合わせください。

当社では、創業から20年を超えて、お取り引きいただいているお客様企業数は日本全国で3000社を超えました。北海道から沖縄まで拡がりました。

私たちは生命保険の提案だけにとどまらず、オーナー社長にとってメリットがある様々な提案を、公平な視点で、幅広くアドバイスをさせていただいております。

また、実際の保険導入で現在の顧問税理士先生に保険活用をご理解、ご納得をいただけないような場合には、私たちの保険提案手法や税制を正しく理解し、保険の導入から税務調査対応まで、しっかりサポートできる優秀な会計事務所を無料でご紹介することもできますので、保険の導入において顧問税理士のご理解が難しくてお困りの場合などは、こちらのサポートも併せてお任せください。

メンバー専用記事

下記のLINEボタンや、電話ボタンから、お気軽に相談が可能です

電話番号を入力いただければ、私たちから折り返し電話を致します

当社にすぐ電話で相談したい場合は、下記番号にお電話ください

問い合わせ


ページトップへ