ニーズ別税金対策

退職金準備

「退職給与債務」という言葉をご存知でしょうか? 従業員の退職金は、将来、従業員が退職する際に支払わなければならないものです。いつか支払わなくてはならない退職金というものは、会社から見れば借金と一緒です。

ちなみに上場企業では、従業員の退職金の合計額を株主に公開しなければなりません。未上場の会社は、公開はしなくても良いのですが、本質的に退職金が借金であるという扱いには変わりません。退職金は借金という認識であるため、「退職給与債務」という言葉が当てはまるのです。

退職金はいつでも支払えるように用意しておかなくてはなりません。
そのリスクに備えずに、目先の利益だけで喜んでばかりいると、退職者が出た際に退職金を支払う原資がないという事になってしまいます。

「退職給与債務」には、簿外に含み資産として原資を貯蓄しておき、退職金支払いのリスクに備えておきべきなのです。

本当に強い会社とは、退職給与債務をしっかり把握して、その支払いに備えた含み資産を持ち、その上で利益が出る体制を構築している会社なのです。もしも退職給与債務に対する備えをしていないのであれば、生命保険を活用して対策を準備すべきです。

税効果抜群の生命保険で退職金準備を!

退職金に備える方法

退職金に備える方法として、「中小企業退職金共済(略・中退共)」や「401K(確定拠出型年金制度)」などがありますが、実は生命保険の方が使い勝手が良いのです。

その理由ですが、「中退共」や「401K」は従業員のための積み立てですので、会社が苦しいときにこれらの積立金を会社の運転資金に回すことができません。その積立金はすでに会社を離れて従業員の物になっているのと同じことだからです。

会社の経営が苦しいときは、まず何よりも経営の建て直しを行うことが先決ですから、いざという時に取り崩せるものにしておくことが重要です。従業員の退職金は守れたけれど、給与を支払い続けてくれるはずだった会社が潰れてしまうというのは本末転倒です。

生命保険で退職金準備を

生命保険であれば、経営が苦しい際には、その保険を解約して会社に資金を会社に戻すことができます。また同時に、生命保険であれば、従業員が病気や怪我をした際に、それを補償をしてあげることができて福利厚生としても役立ちます。実は退職金に生命保険を活用することは、一石二鳥の退職金準備方法なのです。

さて、退職金に備えるために企業がやるべきことは、正しく退職給与債務を把握し、それに対する最適な備えを生命保険で行うことです。

そのためにはどのような生命保険をかつようすればよいのか

どのような生命保険に加入すべきかは、当社の法人保険コンサルタントに依頼してください。退職金制度は難しいところがあるため、税制を正しく把握し、退職金準備に適したすべての保険会社の商品から、最適な保険商品設計をする必要があります。

企業の退職金準備のご相談は、創業の2000年から法人保険一筋のインフォランスの法人保険コンサルタントにお任せ下さい。

お問い合わせ

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.