法人保険の経理処理(名義変更)を解説

法人保険の経理処理

ここでは、法人保険の経理処理について解説していきます。

保険を名義変更をした場合の経理処理

法人契約から個人契約への名義変更
(役員/従業員が退職して保険を渡す場合等)

保険契約上の全ての権利を役員・従業員に譲渡することになるため、保険料積立金、前払保険料および配当金積立金の資産計上額を取崩してください。譲渡される保険契約の価額は、変更時の解約払戻金相当額(配当金を含む)です(所得税基本通達36-37)

また資産の取崩額と譲渡される権利の価額との差額は、雑収入(雑損失)として益金に計上してください。

(例)

役員の退職に伴い、会社の退職金規定等により退職金として現金1,000万円(源泉所得税控除前)と会社契約の同人の生命保険(終身保険)を、本人に名義変更して渡した。

名義変更前の保険料積立金は290万円、配当積立金は20万円であった。その保険の名義変更時点での解約返戻金は300万円だった。

       借方                           貸方
退職金 1,300万円          当座預金       1,000万円
雑損失     10万円          保険料積立金    310万円

(例)

会社契約の生命保険(全額損金の医療保険)を保険料払込満了後に、本人に無償で名義変更して渡した。このときの解約払戻金は20万円、積立配当金は1万円であった。

       借方                           貸方
報酬   21万円              積立配当金      1万円
                            雑収入        20万円

法人契約から法人契約への名義変更
(役員/従業員が別の法人に転籍した場合等)

転出法人(法人A)の経理処理

保険契約の譲渡代金を法人Bから受入れ、保険料積立金、前払保険料、配当金積立金の資産計上額を取崩してください。この際、資産の取崩額と譲渡代金との差額を雑損失(雑収入)として損金(益金)に計上してください。

※ ただし、譲渡代金より変更時の保険契約の価額(解約払戻金+積立配当金)が大きい場合、その差額については、税務上寄付金とされる可能性がありますのでご注意ください。

転入法人(法人B)の経理処理

保険契約の譲渡金額を支払い、変更時の保険契約の価額を資産に計上(解約払戻金額は保険料積立金・前払保険料、積立配当金は配当金積立金に計上)ください。また、譲渡代金と資産計上額との差額は雑損失(雑収入)として損金(益金)に計上してください。

※ただし、譲渡代金より変更時の保険契約の価額が大きい場合、その差額については、雑収入とされる可能性がありますのでご注意ください。

(例)

従業員が法人Aから法人Bに転籍した。これに伴い法人Aが契約した同人の生命保険(終身保険)を法人Bに300 万円で譲渡し、名義変更をした。譲渡時、同契約の保険料積立金および配当金積立金の資産計上額は各々290万円、20万円とする。なお同契約の保険価額は解約払戻金280万円、積立配当金20万円とする。

保険の経理処理は複雑なので、顧問税理士に確認の上、一つ一つの処理を進めていくべきです。

ただし、大切なことは事後処理の経理処理ではなく、生命保険をどう活用するかという戦略立案です。

会社経営における生命保険の活用

顧問の税理士や金融機関というのは法人向けの生命保険活用のプロではないので知らないのですが、経営に有利となる「生命保険の活用方法」があります。

創業から20年で、当社からの保険活用提案を導入いただいた企業数は3000社を超えました。

私たちは生命保険の提案だけではなく、オーナー社長にとって有利な会社運営ができるように、経営全般に対しても幅広くアドバイスをさせていただいております。

生命保険を中心とした、オーナー社長にとって有利な会社経営を実践するために、ぜひ当社の力をご活用ください。

また、実際の保険導入で現在の顧問税理士先生に保険活用方法をご納得いただけないような場合には、私たちの保険提案手法を正しく理解し、実際の導入まで支援できる全国展開をしている会計事務所を無料でご紹介できますので、必要な場合にはこちらも併せてお任せください。



 

問い合わせ

問い合わせ


ページトップへ