-税金対策コラム

vol.93

インターネット保険のメリットとデメリット

houjinhoken150123

ネット保険とはその名のとおり、ネット上で見積もりや相談から契約までの一切の手続きを済ますことのできる保険です。2008年にライフネット生命が販売を開始したことに始まり、ネット保険販売をする会社も増え、近年では大手保険会社の子会社も参入してきました。

しかしながら、生命保険業界におけるシェア率はなかなか伸びず、一割にも満たない状況です(自動車保険分野では二割に迫るものもある)。シェア率が伸びないと、ネット保険に加入するのは不安になるかもしれませんね。
しかし、情報のひとつとして知っておく分には良いと思います。ここではネット保険のメリットとデメリットについてご説明します。

メリット

その1:保険料が安い

保険料が4割安くなる、そう聞いて耳を傾けない人は少ないでしょう。保険会社にもよりますが、なぜネット保険の保険料が安くなるのか。それは店舗を持たないため、設備費や人件費を抑えることができるからです。

その2:手軽に手続きが完了

上記のように、ネット環境があればどこにいても、すぐに手続きを済ますことができるためです。また、他社との比較もでき、分からないことがあれば、チャットや電話で対応してもらえます。

その3:自分の好きなときにゆっくりと

自分のペースで選ぶことができます。保険販売員等の営業トークが少し苦手という方には向いているかもしれません。

このようなメリットがありますが、手軽さゆえに生じるデメリットもあります。

デメリット

その1:シンプルな商品

利用者が迷わずに保険商品を購入できるよう、との考えからか、商品の種類は少なくシンプルなものとなっています。

その2:手続きはすべて自分で

ネット上ですべてを済ますことのできるネット保険ですが、当然のことながら、保険販売員(担当者)が事細かに教えてくれたり、手続きを済ませてくれたりするわけではありません。契約上の必要事項の記入等はすべて自己責任のもとに行う必要があり、また事故や傷病等で保険が適用となった際にも、自分で手続きをしなければなりません。それゆえ、保険に関する知識をある程度持っていた方が良いと考えられます。

その3:審査が厳しい

対面とは異なり、ネット上で加入者の情報を確認するには限度があります。それゆえ、対面での加入に比べ、審査基準は厳しくなっています。

以上のように、「格安で手軽」と言ったメリットだけではありませんが、保険に関する知識を身につけたうえで、自らの状況に合った保険を手頃な金額で探すのであれば、ネット保険を活用するのも良いかもしれませんね。

お問い合わせ

― 特集ページ ―

全額損金保険 全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.