-税金対策コラム

vol.81

従業員の就業不能に備えることが税金対策にもなる?

福利厚生と聞くと、どういったことをイメージされますか。福利厚生とは「企業が、労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の向上などの効果を期待して、従業員とその家族に対して提供する各種の施策・制度」のことで、法定内のものと法定外のものがあります。
法定内とは保険料(健康保険、介護保険、厚生年金保険、労災保険等)等、法的に、会社に義務づけられているものです。一方の法定外とは、社宅や家賃補助、社員旅行やレクリエーション活動等、法的ではなく、会社が任意で行うものです。

どれも社員にとっては必要で、とくに社員旅行などが海外であれば、魅力的と感じるでしょう。しかし、安心して定年まで働くためには、病気など万一の時に補償があるかどうかが、とても重要な要素だと言えます。万一と言っても、勤務中または通勤中のケガ等による休業であれば、労災保険が適用され、休業4日目から休業期間中、給与日額の6割が支払われます。一方、業務外の傷病による休業については、健康保険の傷病手当金が適用され、支給開始日から最長1年半の間、日額の3分の2が支給されます。

従業員の生涯を守ることは、会社を守ることにつながります。損害保険や生命保険などの備えにより、安心できる職場環境づくりを。

それだけでは少し心配だという雇用主の方には、民間の保険会社における補償があるのをご存知ですか。保険会社によりその種類は様々ですが、保険料が安く雇用主も対象となる所得補償保険や、死亡や高度障害の場合に家族の生活を補償してくれる収入補償保険、また介護補償に対応してくれる保険もあります。

このように、病気やけがで就業不能に陥った従業員に対して、給料の一定割合を支払ってあげられる体制を作ることで、従業員は会社に対する帰属意識を高め、安心してより一層仕事に打ち込むことが出来るでしょう。また、それは従業員が業務から離れている間の売上の補填としても機能しますので、経営者にとっても、一定の安心感を与えてくれます。

さらに、支払う保険料は法人の経費となりますので、法人税の対策にもつながります。

お問い合わせ

― 特集ページ ―

全額損金保険 全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.