-税金対策コラム

vol.68

法人保険(税金対策)を取り扱う保険代理店の特徴比較

zeikincolum73

法人保険を取り扱う保険代理店と一言で言っても、様々なスタイルがあり、一見すると同じように見えても、実はまったくスタンスが違っています。

保険代理店の種類を比較してみると、それぞれの特徴が見えてきます。

1.保険会社とは
内閣総理大臣の免許を受け、保険業を営むことができる会社です。商品(保険)を自社で作り、金融庁の認可を受けて、それを販売します。

2.保険代理店とは
保険会社からの委託を受け、商品を販売するだけでなく、顧客のサポートをも行う会社です。会社の特徴(以下)によりますが、複数社の幅広い商品の中から、顧客のニーズに合わせて比較検討し、最適な情報を提供します。契約手続きも行います。

3.保険代理店の種類
専業代理店(プロ代理店):保険販売を専業とする代理店。扱う商品が多いため、ジャンルにとらわれない加入ができます。

副業代理店:自動車ディーラー、自動車整備工場、不動産業者、旅行代理店などが保険販売を兼ねる代理店。兼業している業種のジャンルの保険商品を扱うため、それに特化した保険加入を目的とする場合に適しています(例:自動車ディーラーにて自動車保険に加入など)。

また、これらに共通して、以下のような種類があります。

・乗り合い代理店:複数の保険商品を扱っている保険代理店。
様々な保険会社の保険商品を扱っているため、会社ごとの保険商品を比較して契約できます。

・専属代理店:1社の保険会社の商品のみを扱っている保険代理店。
専属の保険会社のキャンペーン情報など、お得な情報を取得しやすいメリットがあります。

・独立型ファイナンシャルプランナー:ファイナンシャルプランナーの資格保有者が独立し、保険商品を提案します。
保険やお金について、生涯を通じて、より専門的なアドバイスを受けることができるため、無駄のない保険選びや変更ができるメリットがあります。

保険代理店も、”商店街にある電気屋さん”と“ヤマダ電機”との違いのように、幅広い商品の中から、好みに合わせて自由に選べる方がいい、という流れになってきていますが、上記のように、それぞれに違ったメリットがあります。まずはこれらを理解し、法人保険導入時の判断材料として活用されることをおすすめします。

お問い合わせ

― 特集ページ ―

全額損金保険 全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.