-税金対策コラム

vol.61

2017年度税制改正法案が年度内に成立

2017年度税制改正法案は、平成29年3月27日に国会で成立しました。

企業経営に関係する内容は、
1. エコカー減税の2年間延長(2019年春まで)
2. タワーマンションの固定資産税の見直し
3. 個人所得税の配偶者控除の見直し
4.積立NISAの創設

などがあります。

以下に各項目の具体的内容を説明していきます。

1.エコカー減税の延長

2017年までとされていましたが、さらに2年間の延長が決まりました。昨年までは新車の9割について、初回の車検が減税の対象とされていましたが、2017年度は8.5割となります。具体的には、軽自動車、ハイブリット車を除く新車のガソリン車は「15年度燃費基準」を5%上回っていれば一定額の減税が受けられます。対象となる税金は自動車取得税、初回と2回目の車検時に支払う自動車重量税、購入翌年度分の自動車税と軽自動車税です。

2.タワーマンション固定資産税の見直し

これまでは、床面積が同じであれば、どの階であっても固定資産税の税率は同じでしたが、今回の改正により、階層が1階上がるにつれ、0.26%高くなります。すなわち50階と1階では、13%もの差があるということです。固定資産税ではマンション1棟分の税率は変わらないため、上層階が税率増となる代わりに下層階は税率減となります。これが適用されるのは、2017年4月以降に売買契約が始まる20階建て以上(60メートル以上)の新築物件で、18年度以降に課税対象となる建物です。

3.個人所得税の配偶者控除の見直し

2018年1月から、世帯主の所得からの満額控除(38万円)が適用される配偶者の所得の上限が103万円以下から150万円以下に引き上げられました。また段階的に控除の金額が減額され最終的に控除が受けられなくなる配偶者の年収が141万円から201万円に変更されました。

4.積立NISAの創設

NISA(ニーサ)「少額投資非課税制度」とは、「NISA口座での株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」で、投資を行う際に税金面でメリットが受けられるものです。今回の改正で大きく変わった点は、長期の積立を前提としたNISAが設立されることです。(2018年から2037年)
現行のものと比べると
①非課税投資枠:現行では120万⇒積立NISAでは40万
②非課税期間:現行では5年⇒積立NISAでは20年
③投資総額:現行では600万⇒積立NISAでは800万という違いがあります。

お問い合わせ

― 特集ページ ―

全額損金保険 全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2018 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.