税金対策コラム

vol.27 別会社設立で税金対策

vol.27 別会社設立で税金対策

  免税事業者の売上が1,000万円以下、簡易課税事業者の売上は5,000万円以下ですから、事業が発展、遂げ、この売上を越えそうになれば、新しい会社を設立して、そちらで事業展開することは有効です。

vol.27 別会社設立で税金対策
vol.26 社員を派遣に代えて税金対策

vol.26 社員を派遣に代えて税金対策

従業員に払う給料と社会保険料等の合計額と派遣会社に払う派遣料(税込み)が同額とすると、派遣料は全て課税仕入なので、派遣料の消費税5%が控除できることになります。

vol.26 社員を派遣に代えて税金対策
vol.25 日当を上手に使って税金対策

vol.25 日当を上手に使って税金対策

旅費について、実費精算をして日当を支給していない会社がありますが、この日当は源泉徴収をしなくてもよい非課税なので税金対策に利用することができます。まず、旅費規定を作ることが必要ですが、雛型等は書店、文房具店にありますから、これを自社に合うよう修正すれば良いでしょう。

vol.25 日当を上手に使って税金対策
vol.24 社宅を使って税金対策

vol.24 社宅を使って税金対策

社宅の家賃は安くてもいいの?「公務員宿舎や議員宿舎の家賃が安すぎる」といった声がありますが、会社が役員や従業員に安い家賃で社宅を貸しても、税務上問題とならないのでしょうか。

vol.24 社宅を使って税金対策
vol.23 短期前払費用で税金対策(月払いより年払いがお得)

vol.23 短期前払費用で税金対策(月払いより年払いがお得)

地代家賃や保険料など一定の契約に基づき継続的に役務の提供を受けるために支出する費用は、期末において未だ役務の提供を受けていない部分については、前払費用として資産計上する必要があります。しかし次の要件を満たせばその支払った事業年度の費用として損金算入することができます。

vol.23 短期前払費用で税金対策(月払いより年払いがお得)
vol.22 通勤手当を使って税金対策

vol.22 通勤手当を使って税金対策

従業員に給与を支払う際、その給与の内訳に「通勤手当」を設定することにより、支給総額は変わらなくてもいくつかのメリットが生じます。

vol.22 通勤手当を使って税金対策
vol.21 税務署の内情

vol.21 税務署の内情

税務署の勤務評定は3月末につけられます。ですから、増差所得という成績を上げるのも、それまでに上げておかないと勤務評定に反映されなくなります。 税務署の異動時期は、毎年7月10日と決まっています。7月から始まり、翌年の6月末までが事務年度ということになります。 法人の決算期別の税務調査については、最初は2月決算から始まり、1月決算が最後となっています。つまり、7月の最初の事務年度は、2月決算から調査に入り、次々と3月、4月と調査していくわけです。

vol.21 税務署の内情
vol.20 土地と建物を区分して購入すると有利

vol.20 土地と建物を区分して購入すると有利

土地と建物を区分するときは、建物の金額をできるだけ多くすると有利です。

vol.20 土地と建物を区分して購入すると有利
vol.19 不良債権は貸倒処理を

vol.19 不良債権は貸倒処理を

売掛金や貸付金が回収不可能になったとき、貸倒損失として全額損金に算入させることができます。

vol.19 不良債権は貸倒処理を
vol.18 滞納家賃にも税金がかかっています

vol.18 滞納家賃にも税金がかかっています

;滞納家賃・税金:不況の影響で、近年では、家賃を滞納している住居者が多数いるそうです。しかし、これは住居を貸している大家さんにとっては大きな問題で、収入が入ってこないのに、その滞納家賃に対しては税金が課せられています。

vol.18 滞納家賃にも税金がかかっています
vol.17 従業員か派遣かで消費税の取扱いが異なる

vol.17 従業員か派遣かで消費税の取扱いが異なる

雇用契約に基づく従業員への支払の対価は給与となります。一方、雇用契約ではない事業者との請負契約については、支払の対価が外注費となります。この場合、消費税の取扱いは大きく違ってきます。

vol.17 従業員か派遣かで消費税の取扱いが異なる
vol.16 印紙や証紙は購入場所によって消費税が違う

vol.16 印紙や証紙は購入場所によって消費税が違う

印紙や証紙はどこで買っていますか?印紙や証紙などの購入は消費税の計算上、課税仕入れには該当しないと思われがちですが必ずしもそうではありません。

vol.16 印紙や証紙は購入場所によって消費税が違う
vol.15 同族会社と役員間の土地の貸借上の注意点

vol.15 同族会社と役員間の土地の貸借上の注意点

同族会社のオーナー社長が、自分の所有する土地をその同族会社に利用させる、というのはよくある話ですが、この取引には税金面で色々と考慮すべき事があります。

vol.15 同族会社と役員間の土地の貸借上の注意点
vol.14 予定申告と中間申告

vol.14 予定申告と中間申告

事業年度が6ヶ月を超える法人は、事業年度開始の日以後6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内(つまり8ヶ月以内)に中間申告をする必要があります。(下記の「予定申告」による納税額が10万円以下となる場合を除く。)

vol.14 予定申告と中間申告
vol.13 売上割戻し

vol.13 売上割戻し

売上割戻しとは、得意先である事業者に対してその売上高などに対して一定の割合で金銭などを支払うことをいいます。この売上割戻しは売掛金との相殺や金銭で支払えば問題ないのですが、それ以外の方法(旅行への招待や物品の交付)でした場合には注意が必要です。

vol.13 売上割戻し
vol.12 健康診断費用は必要経費

vol.12 健康診断費用は必要経費

ご自身の会社で健康診断を行っていますか?下記の要件にあてはまる健康診断にかかる費用は、福利厚生費として必要経費に入れることができます。

vol.12 健康診断費用は必要経費
vol.11 使途秘匿金

vol.11 使途秘匿金

使途秘匿金とは、法人がした金銭の支出(金銭以外の資産を引き渡した場合を含む)で、その相手方の氏名や支出目的を明らかにしないもので相当の理由がないものを言います。

vol.11 使途秘匿金
vol.10 役員報酬の変更できる時期について

vol.10 役員報酬の変更できる時期について

役員報酬は、簡単に上げ下げできません。上げた分や下げた分との差額は、役員ボーナスとなり、二重課税となるからです。(従業員とみなされる、執行役員や取締役営業本部長などは別です)

vol.10 役員報酬の変更できる時期について
vol.9 損金で落とせる役員報酬のやり方

vol.9 損金で落とせる役員報酬のやり方

役員が事業年度の途中で勝手に報酬を増減することができてしまうと、法人税額を自由に調整することが可能になってしまいますので、役員報酬については、一定のルールを定めています。

vol.9 損金で落とせる役員報酬のやり方
vol.8 遊休地は貸すことによって税金対策

vol.8 遊休地は貸すことによって税金対策

別荘を持っていれば、相続税評価額は100%評価です。

vol.8 遊休地は貸すことによって税金対策

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました

PAGETOP

法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2017 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.