税金対策コラム

vol.47 社外飲食費を使って上手に税金対策

vol.47 社外飲食費を使って上手に税金対策

平成18年4月1日以後開始する事業年度から、1人当たり5,000円以下の社外飲食費について交際費の範囲から除かれることとなりました。(=全額損金として算入できます)交際費から除かれるためには、次の事項を記載した書類を保存していることが必要とされます。

vol.47 社外飲食費を使って上手に税金対策
vol.46 未払いの費用を探して税金対策

vol.46 未払いの費用を探して税金対策

取引先から請求を受けた費用で当期に対応する部分については、実際に支払っていなくても当期の経費として計上できます。税務調査で正しく説明出来るように、請求書等の資料はしっかりと管理しておくことが大切です。

vol.46 未払いの費用を探して税金対策
vol.45 LLP・有限責任事業組合設立で税金対策

vol.45 LLP・有限責任事業組合設立で税金対策

LLP・有限責任事業組合がなぜ税金対策となるかというと、LLPの出資者にLLPの損失が配分され、その損失を出資者である法人・個人の所得と相殺(損益通算)できるからです。

vol.45 LLP・有限責任事業組合設立で税金対策
vol.44 会社設立時、資本金は1,000万円未満にして消費税の税金対策

vol.44 会社設立時、資本金は1,000万円未満にして消費税の税金対策

消費税は通常赤字の会社でも納税が生じます。会社の規模にもよりますが、数十万円~数百万円。これが会社設立の際、資本金が1,000万円未満では2年間免除されるのです。

vol.44 会社設立時、資本金は1,000万円未満にして消費税の税金対策
vol.43 ゴルフ会員権の売却

vol.43 ゴルフ会員権の売却

ゴルフ会員権はどんなに値段が下がっても評価損の計上というものができません。昔、数千万円もしたものが今は10分の1の値段になっているのもざらにあります。

vol.43 ゴルフ会員権の売却
vol.42 欠損金の繰り戻し還付

vol.42 欠損金の繰り戻し還付

前期黒字で多額の税金を納めた会社が、今期大幅赤字となった場合、前期の税金を返してもらうという方法があります。それが欠損金の繰り戻し還付という制度です。

vol.42 欠損金の繰り戻し還付
vol.41 非常勤役員報酬の支払いで税金対策

vol.41 非常勤役員報酬の支払いで税金対策

会社設立の際には非常勤の親族を役員として登記するのが良いです。通常は働いていない人に給与を払い経費に入れることはできません。ただ、役員の場合は労働でなく委任ですので、経営に参加していれば時間の多寡にかかわらず役員報酬を支払い経費に入れることができます。

vol.41 非常勤役員報酬の支払いで税金対策
vol.40 資本金の減少で税金対策

vol.40 資本金の減少で税金対策

資本金は多ければ多い程、対外的信用の面・資金繰りが有利です。ただし、小規模の会社で中途半端な資本金としている会社をたまに見ますが税金の面で得策ではないです。

vol.40 資本金の減少で税金対策
vol.39 別会社を設立で税金対策

vol.39 別会社を設立で税金対策

業種を分けて、別会社を運営をしてみてはいかがでしょうか?別会社とし決算月も分けることにより、利益を分散することもできます。

vol.39 別会社を設立で税金対策
vol.38 決算日変更で税金対策

vol.38 決算日変更で税金対策

今期末である数カ月先に売上・利益が多額に上がることが予測され現状のまま決算を迎えては税金を多額に納める必要がある場合、決算期を前に変更してみてはいかがでしょうか?

vol.38 決算日変更で税金対策
vol.37 30万円未満の少額資産の購入

vol.37 30万円未満の少額資産の購入

パソコン・応接セット等の備品を購入の際に注意していただきたいのですが、なんとかできるようでしたら、購入代金は30万円未満で押さえましょう。なぜ、30万円未満かと言うと一度で経費に入れることが出来るからです。

vol.37 30万円未満の少額資産の購入
vol.36 医師はMS法人で税金対策

vol.36 医師はMS法人で税金対策

医師・歯科医師さんにとって1番の税金対策(税金)対策は医療法人の設立です。しかし、平成19年に施行された改正医療法により、医療法人制度が大きく変わりました。医療法人化すると医療法人を引き継ぐ後継者がいない場合、解散時に残余財産を国に没収されてしまうことがあります。このリスクを考え医療法人化を躊躇する方も多いのではないでしょうか?

vol.36 医師はMS法人で税金対策
vol.35 「不用品」で税金対策が出来る

vol.35 「不用品」で税金対策が出来る

あなたの会社に使われていな「机」や「パソコン」などの備品はありませんか?処分するにもお金が必要なので、会社の倉庫に眠ったままになっていないでしょうか?

vol.35 「不用品」で税金対策が出来る
vol.34 「美術品」はリースにして税金対策

vol.34 「美術品」はリースにして税金対策

「大切なお客様を接待するためにも、社長室に1号5万円、合計100万円の絵画を飾ろうと計画しています。大切なお客様を迎えるという理由があるため、オフィスに必要な備品としてこの100万円を経費計上できるのでしょうか?」100万円の絵画は高価な買い物ですが、大切なお客様を迎えるために社長室に飾るものとしては、妥当な金額と言えるかもしれません。

vol.34 「美術品」はリースにして税金対策
vol.33 固定資産の棚卸は毎期実施する

vol.33 固定資産の棚卸は毎期実施する

自分の会社にある財産をチェックするということなど当然とお思いでしょう。しかし、決算対策をする上で税理士と経営者との間で、よく以下のような会話が発生します。

vol.33 固定資産の棚卸は毎期実施する
vol.32 社員旅行で税金対策

vol.32 社員旅行で税金対策

会社の負担で従業員を社員旅行へ参加させることは、従業員に対し経済的利益を与えることになり、本来現物給与として扱うべき性質を持っていますが、従業員が受ける利益が少額であると認められる場合、少額不追求の趣旨から、給与として所得税等の課税を受けることはありません。

vol.32 社員旅行で税金対策
vol.31 短期前払い費用

vol.31 短期前払い費用

1年以内の短期前払費用について、厳密に期間対応による繰延経理をせずに、その支払った時点で損金算入することが認められています(法人税基本通達2-2-14)。

vol.31 短期前払い費用
vol.30 社宅で税金対策

vol.30 社宅で税金対策

これから自宅を建てようとされる社長さんは個人所有ではなく、税金対策上会社の社宅として取得することを勧めます。何故かというと、法人税、事業税、住民税及び相続税が大きな税金対策となるからです。

vol.30 社宅で税金対策
vol.29 役員報酬で税金対策

vol.29 役員報酬で税金対策

会社が儲かってきて、法人所得が大きくなってくると、法人税、事業税及び住民税の負担が重くなります。

vol.29 役員報酬で税金対策
vol.28 消費税で税金対策

vol.28 消費税で税金対策

個人事業者の方は、資本金1,000万円未満の株式会社を設立すれば、2年間に渡り消費税を1円も納めなくとも済みます。 基準事業年度といって2期前の売上高により、免税事業者かどうか判定するので、新設法人には、設立3期目にならないと基準事業年度ができないためです。

vol.28 消費税で税金対策

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
東京海上日動火災保険株式会社 海外旅行保険

海外旅行保険はこちらからお申込みいただけます。

逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました

PAGETOP

法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2017 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.