旅費規程の導入で節税

戦略的な旅費規程を整えると、日当などの支給額を支払う側の会社は全額損金ですが、受け取り側の社長は非課税で受け取れるようになります。 旅費規程を整えないでいることは大きな機会損失を生み続けています。

上の画像をクリックしてください。

 

問い合わせ

問い合わせ


ページトップへ