-法人保険活用法

法人保険の見直し

000473-130x100.jpg    一般的に、「保険」という商品は非常に難解です。保険の加入時には説明を受け、何となく理解できますが、時間が経つと保険の特徴が何なのかわからなくなったりします。また、保険は内容が難しいだけに、保険の提案者が出してくれるものが、本当に一番良いものなのかを確かめる術がありません。
   最終的には保険の内容ではなく、提案者の人間性を信じて保険加入を決めてしまうことが多いのです。


契約中の保険で銀行の普通預金のほうがマシ、なものも・・・


   個人の保険ですら難しいものなのだが、法人の加入する保険になると更に難しいものです。なぜなら、法人で加入する保険の場合には、保険の知識に加えて、税務の知識が必要になるからです。保険を提案者ですら、税務のことが絡むと、難しすぎてまったく太刀打ちできない者が多いのが現状です。

   これらの事情があるためか、法人での保険の加入状況というのは、中身をしっかり見直しをしてみると散々たる契約状況のことがほとんどです。

   インフォランスでは、今まで数百社もの企業の保険加入状況を見直してきましたが、その約8割は、見直すことにより、かなりの改善余地がありました。

   まったく必要ではないものに加入していたり、財務強化を目的として保険に加入しているにも関わらず、あまり効果が出ていないものだったり、保険料が一切損金にならずに目減りもしており、これなら銀行の普通預金に預けていたほうがよっぽど有利だという保険契約すらあります。

保険の見直しでわかる3つの良い点


   しかし保険の内容について、しっかり分析して解説をして差し上げると、どの経営者でも正確に理解をしめしてくれます。要するに、提案者が深く理解してもらえるまで丁寧に説明をしていないということなのです。

   加入中の保険を見直しすると、良い点が3つ出てきます。

   ① 無駄な保険を解約することにより、一時的ではあるが解約返戻金が発生して現金(フリーキャッシュフロー)が手元に入る

   ② 加入保険の最適化により、ほとんどの場合、毎年支払う保険料が大幅に下がり、キャッシュフローが改善する

   ③ 保険全体の効率化により、税効果が上がり資金効率が大幅に改善される。

   依頼したクライアント企業が信じ難いほどの効果を出すことが非常に多いのです。

保険は比較して選ぶ


   現代で、テレビを買おうと思ったら、商店街の中の電気屋さんではなく、ヤマダ電機やコジマやビックカメラに買いにいきます。
   なぜなら、そこにはあらゆるメーカーのテレビが置いてあり、いろいろと比較してみて、自分にとって一番良いものを選べるからです。
   テレビと同様に、保険も同じではないでしょうか?
   1つの保険会社の商品だけではなく、様々な保険会社の商品を見て、自分に一番合ったものを選ぶのが自然なことです。

   それでは、法人で保険に加入する時に、多くの保険会社の商品をしっかりと比較したでしょうか?多くの企業がそれをしていないのが現実なのです。

   しかし、もう加入してしまったものは仕方がありません。
   これからでもできること、これが保険の見直しですが、できる限り早い段階で見直しを実行して、無駄な費用を削り、最適な部門に資金を回すことが,経営戦略上で重要なことなのです。

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.