-基礎知識

第2回

保険代理店の選び方

保険代理店の選び方    一保険会社専属の保険エージェントがいくら優秀な提案をしたとしても、たった一社の保険会社の商品から最善の保険提案をするだけです。 彼らは提案に決して嘘はついていないかもしれませんが、全体の保険会社の商品と比較してみれば、結果的にはお客様の選択の幅が限られてしまう場合もあります。


一社専属の保険エージェントの問題点


一保険会社専属の保険エージェントがいくら優秀な提案をしたとしても、たった一社の
保険会社の商品から最善の保険提案をするだけです。

彼らは提案に決して嘘はついていないかもしれませんが、
全体の保険会社の商品と比較してみれば、結果的にはお客様の選択の幅が
限られてしまう場合もあります。

保険加入状態のひどい現状


企業に対して、現在加入中の保険のコンサルティングを行うと、ほとんどのケースで
最適な保険に加入できていません。残念ながらこれが現実です。

申し訳なくて歯に衣を着せて言いますがひどい保険加入状態です。
最善な選択をしなかっただけで、かんたんに何百万円の損をしています。
決して大きい保険料でないのにです。

例えば10年後に最良の保険よりも解約返戻率がたった15%悪かっただけでも、
率は払い込み保険料の総額に対してのものなので、非常に大きな差になります。

例えば、年間保険料が300万円の保険で10年後に解約返戻率が15%違うと、
解約返戻金は450万円違ってくるのです。
(※実際には保険内容や保険期間も検討して比較する必要があります。)

保険は最初の加入するときが一番重要です。保険をすぐ途中で見直すと、
損失が大きいケースが多いからです。ですから最初の保険加入時に徹底的に
比較検討するべきなのです。

最適な保険提案が出せる保険代理店が少ない


しかし、皆さんの周辺で、多くの保険会社を数十社、同時に扱っていて、
かつ提案力のある保険代理店が無いと思います。

わずか3、4社の保険会社取り扱い数では少ないのです。
最善の提案であるかどうかはお客様の判断に委ねられますので、
その中だけでは「最善の提案」を引き出しづらいのです。

本当の保険提案とは


本当にお勧めしたい保険のご提案はインターネット上で説明できません。

なぜなら、インターネットでの限られたコミュニケーション環境では、
本音での提案ができないからです。

私たちは保険を提案するのではなく、保険を活用した経営問題の解決を提案しております。
ぜひ、無理難題な経営の悩みをお気軽にご相談下さい。

貴社の問題解決にお力になれる高い可能性があります。

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.