お役立ち書式ダウンロード - 【東京海上日動】 個人型確定拠出年金の普及促進に向けた新プランのご提供開始について

【東京海上日動】 個人型確定拠出年金の普及促進に向けた新プランのご提供開始について

東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長:北沢 利文、以下「当社」)、確定拠出 年金法改正に伴い2017年1月から加入対象者が拡大されることから、2017年1月より、 個人型確定拠出年金運用商品ラインアップを刷新し、手数料を引き下げた個人型新 プラン提供を開始することといたしましたで、お知らせいたします。


1.背景

2016 年 5 月 24 日衆議院本会議にて「確定拠出年金法等一部を改正する法律案」が 可決、成立いたしました。今回法改正に伴い、2017年1月からこれまで自営業者や企業年金 に加入していない会社員等に限られていた加入対象者が、公務員、家事専従者に拡大される こととなりました。 当社、従来から老後あんしんをお届けするため、地域金融機関、当社代理店と共同 取組みを通じて確定拠出年金普及に取り組んでまいりました。こ結果、2016年3月末時点 で個人型加入者等数 137,640 人(前年比 15,030 人増)であり、業界トップ水準となっております。
今回法改正を踏まえ、個人型確定拠出年金一層加入促進に向け、当社 2017 年 1 月から個人型確定拠出年金運用商品ラインアップを刷新するとともに、加入者等が負担 する個人型運営管理手数料を引き下げた個人型新プラン提供を開始することといたしました。


]

2.新プラン概要

(1)運用商品ラインアップ刷新

①リスクコントロール型ファンド※1、低廉な信託報酬パッシブファンド※2 等を採用し、加入 者にとってより魅力的なプランを提供いたします。

②元本確保型商品として、確定拠出年金専用銀行預金を採用いたします。

なお、当社と共同運営管理機関提携をしている金融機関において、上記ラインアップと 異なる運用商品ラインアップとなる場合もございます。

(2)個人型確定拠出年金運営管理手数料引下げ

2017年1月から新プランについて、加入者等が負担する運営管理手数料引き下げを 実施いたします。

※1:「リスクコントロール型ファンド」と、ファンド価格変動リスク低減を図り、相場環境に応じて投 資資産組入比率を機動的に変更する投資信託です。高い収益獲得よりもリスク回避をしつつ、 安定した投資成果が得られる運用を目指しています。
※2:「パッシブ・ファンド」と、日経平均株価やTOPIX等ベンチマーク指標動きに連動した運用成果 を目標に運用している投資信託です。

東京海上日動火災保険株式会社

元記事URL:http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/161028_01.pdf

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.