-法人保険活用法

実効税率とは

実効税率とは、法人の実質的な所得税負担率のことをいい、日本の法人所得税の場合、事業税の損金算入の影響を考慮した上で法人税、住民税および事業税の所得に対する税率を合計したものとなります。

傷害特約

傷害特約 保障対象である不慮の事故などで所定の状態になったとき、受け取ることができるお金のことです。

診査とは

被保険者の年齢、保険金額などにより、当社の指定する医師により問診、検診をすること

主契約とは

普通保険約款に記載されている契約内容のこと。

失効とは

ご契約の効力が失われること。

疾病入院特約とは

病気の治療を目的として入院したとき、入院給付金が支払われる特約。

自動振替貸付とは

契約を有効にしておく制度のこと

死亡保険金とは

受取人に支払われる保険金のこと

終身年金とは

一生涯にわたり、年金を受け取ることのできる

終身払込とは

保障部分で大きな死亡保障や医療保障などを確保する

終身保険とは

一定期間ではなく一生涯にわたって死亡保障が続く保険のこと

手術給付金とは

受け取ることができるお金のこと

傷害給付金とは

受け取ることができるお金のこと

上皮内新生物とは

上皮の外に浸潤していない新生物(腫瘍)のこと

新生物の分類とは

WHO(世界保健機構)が分類する新生物のこと

終身保険とは

生涯の死亡・高度障害の保障を目的とした保険。

死亡保険とは

被保険者が死亡または高度障害になったときにだけ保険金が支払われる保険。

あいうえお索引

よく表示される用語

総合福祉団体定期保険とは

総合福祉団体定期保険は従業員および役員の死亡または所定の高度障害に対して支払う1年更新の定期保険で、企業の福利厚生規程による従業員等の遺族保障の支払財源の確保を目的としている

キーマン保険とは

経営者保険の別称。

経営者保険とは

経営者に万一のことがあった場合に、企業の被る有形、無形の損失は計り知れないものがある。そこで、これらの問題を解決し、企業にとってかけがえのない経営者の生活保障も図り、企業の成長発展のために役立つ保険。

医療保障保険(団体型)とは

健康保険の本人一部負担制と健保対象外費用の増加などに対応し、公的医療保険制度の補完を目的とした企業(団体)向けの商品。

特則とは

保障内容を充実させるため、あるいは主契約と異なる特別なお約束をする目的で設定する規定のこと。

法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.