-法人保険活用法

確定給付型の企業年金制度とは

従来、確定給付型の企業年金制度には「厚生年金基金」「適格退職年金」などがあった。また平成14年4月より「確定給付企業年金法」が施行されたことにより、新たな確定給付型の企業年金確定給付型の企業年金制度として「基金型企業年金」と「規約型企業年金」が導入された。これに伴い「適格退職年金」は、平成14年4月以降新たに契約することができなくなり、既契約については、平成24年3月までに、他の年金制度に移行あるいは廃止された。

確定拠出年金とは

確定拠出年金では、あらかじめ決まった掛金を払い込み、加入者自身が掛金の運用方法を選択し、運用実績次第で受け取る年金額が変動する。確定拠出年金には、企業が従業員のために毎月一定の掛金を払う「企業型」と、企業の従業員や自営業者が自分で掛金を払う「個人型」がある。

ガン診断給付とは

ガンと診断されたとき、またはガンで入院したときに支払われる給付金のこと。

家族型とは

傷害特約、災害入院特約、通院特約、長期入院特約、手術特約などに付けられる保障。

がん保険とは

がんにする死亡時の保障と合わせて、がんによる入院・手術の保障を目的とした保険。

介護保険とは

介護を要する状態になった場合の保障を目的とした保険。

確定年金とは

生死に関係なく、定められた期間だけ年金が支払われる。

解約返戻金とは

疾病保険を解約した際、契約者が受け取る(払い戻される)お金のこと

あいうえお索引

よく表示される用語

総合福祉団体定期保険とは

総合福祉団体定期保険は従業員および役員の死亡または所定の高度障害に対して支払う1年更新の定期保険で、企業の福利厚生規程による従業員等の遺族保障の支払財源の確保を目的としている

キーマン保険とは

経営者保険の別称。

経営者保険とは

経営者に万一のことがあった場合に、企業の被る有形、無形の損失は計り知れないものがある。そこで、これらの問題を解決し、企業にとってかけがえのない経営者の生活保障も図り、企業の成長発展のために役立つ保険。

医療保障保険(団体型)とは

健康保険の本人一部負担制と健保対象外費用の増加などに対応し、公的医療保険制度の補完を目的とした企業(団体)向けの商品。

特則とは

保障内容を充実させるため、あるいは主契約と異なる特別なお約束をする目的で設定する規定のこと。

法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.