-保険用語辞典

新生物の分類とは

新生物の分類とは

WHO(世界保健機構)が分類する新生物のこと。 ●良性新生物・・・例としてあげている新生物のことで、浸潤や転移の可能性、治療後の再発がないとされる。(例:子宮筋腫、大腸線腫、脂肪腫・血管腫など) ●上皮内新生物・・・例としてあげている新生物のことで、浸潤や転移の可能性、治療後の再発がないとされる。(例:子宮の高度異形成や上皮内がん、大腸の粘膜内がん、皮膚のボーエン病など) ●悪性新生物・・・例としてあげている新生物のことで、浸潤や転移の可能性、治療後の再発の可能性があるとされる。(例:胃がん、大腸がん、白血病、悪性リンパ腫、骨肉腫など) ●性質不詳の新生物・・・上記の三つに分類することが困難なものや、判断が未定のもの。(例:卵巣の境界悪性腫瘍、胸腺腫、骨巨細胞腫など。

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.