-税金対策コラム

vol.91

生命保険の保険金を受け取ったとき

 死亡保険金被保険者が死亡すれば払われる保険金)を受け取ったとき、どのような税金が発生するかご存知でしょうか?だれが契約者で、だれが受取人かで、課税される税の種類が違ってきます。

 契約者とは、保険会社と契約を結び、保険料を払う人ですが、基本的に保険金は保険料を払った受取人のものとなります。 ところが、夫が自分を被保険者として契約し、妻を受取人にしていたという場合、保険金は本来は夫のものではありますが、死亡して受け取れないため、それを妻が「もらった」ことになります。それは死亡した人から財産をもらうことになるので「相続税」の対象となります。

 次に、妻が夫を被保険者として契約し、子を受取人にしていた場合。本来妻のものである保険金を子が受け取ります。先ほどと異なり、妻は生きていますので、生きている人から財産をもらったとみなされて「贈与税」の対象となります。

 最後に、妻が夫を被保険者として契約し、自分を受取人にしていた場合。妻のものである保険金を妻が受け取ったので、払った金額との差額のおよそ半分が「所得」として課税されます。したがって「所得税」の対象です。

 もっとも、実際の税額を計算する際には、基礎控除や特別控除などがあるので、必ずしも課税されるわけではありません。しかし、契約者受取人の関係で、課税の対象が変わるのは興味深いですね。

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.