-税金対策コラム

vol.30

社宅で税金対策

vol30.jpg    これから自宅を建てようとされる社長さんは個人所有ではなく、税金対策上会社の社宅として取得することを勧めます。何故かというと、法人税、事業税、住民税及び相続税が大きな税金対策となるからです。会社の資産として土地、建物を取得し、社宅として社長に賃貸すれば、建物の減価償却費及び不動産取得税、登記料、印紙等の全ての費用は損金経理することができます。又、銀行からの借入金の支払利息も全て損金になります。 ただし、社長は会社から社宅を賃借りしているので、家賃を支払わなくてはいけません。賃料相当額には計算式が決められていて、この金額を下回っていれば、差額は社長の報酬とされます。


賃貸料相当額の計算式について


   [賃貸料相当額の計算式] 賃貸料相当額(月額)={その年度の家屋の固定資産税の課税標準額×12/100(木造家屋以外の家屋については10/100)+その年度の敷地の固定資産税の課税標準額×6/100}×1/12。ただし、役員に賃貸している社宅の床面積が132平方メートル(木造以外の家屋については、99平方メートル)以下である場合には、使用人に対する下記の算式と同様としています。 賃貸料相当額(月額)=その年度の家屋の固定資産税の課税標準額×2/1,000+12円×その家屋の総床面積(平方メートル)/3.3(平方メートル)+その年度の敷地の固定資産税の課税標準額×2.2/1,000

   したがって、この収入として計上する家賃よりも、この社宅にかかわる減価償却費、借入金の支払利息等の費用のほうがずっと大きくなり、税金対策もできることになります。 社長さんが死亡したとき、相続が発生しますが、会社で社宅として土地建物を所有するのと社長個人で所有するのでは相続財産が全く異なってきます。会社の資産とすれば、社長が所有している株式を評価することになります。この株式の評価は、大、中、小会社、上場会社非上場会社等によって評価方法が異なるのですが、小規模会社では純資産額方式によって土地建物を評価します。

   これは、社長個人で所有している場合と同じ評価額になりますが、株式評価では相続税評価額と帳簿価額による純資産価額の評価差額の51%を控除することができます。株式とすれば相続財産の含み益を半分以下にすることができるわけです。なにも、社宅を建てなくとも、借上げ社宅でも税金対策ができます。会社名義で大家と契約して、社長が会社から賃借りするようにすればよいのです。会社が大家に支払う家賃の全額が費用となります。

   ただし、社長は会社に当然、家賃を支払わなければなりませんが、これも計算式により、これを下回れば報酬と認定されます。この計算式では、おそらく時価の1/5~1/3にしかなりません。したがって、これにより税金対策できるわけです。
お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.