-税金対策コラム

vol.12

健康診断費

 ご自身の会社で健康診断を行っていますか?下記の要件にあてはまる健康診断にかかる費用は、福利厚生費として必要経費に入れることができます。


福利厚生費として必要経費に入れることができる条件

   (1)全従業員が対象であること
   (2)検診内容が常識の範囲内であること
   (3)会社が費用を直接支払うこと

(1)・・・一定の役職以上の人のみを対象とした場合には、福利厚生費とはならず、受診者に給与を支給したという扱いになりますので、源泉も必要となってきます。一方、全従業員が対象であれば、年齢制限(例えば40歳以上など)を設けることは認められています。

(2)・・・数十万円程度必要となる検診(PET検診など)は、著しく高額であるとみなされる可能性があります。

   従業員の方は、健康な状態であればこそ、業務でも力を発揮できるものと思います。法律的にも健康診断は義務付けられていますので、まだ健康診断を導入されていないようであれば、検討してみてはいかがでしょうか?


お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.