-Q&A

将来に備えて、簿外に含み資産を形成するためには?

00027492_t2-130x100.jpg Q.jpg
将来に備えて、簿外に含み資産を形成するためには、どうしたらいいでしょうか?
   税制面で優遇されている退職金の税制を上手に利用したいと考え、退職を予定している5年後の退職金を準備したいと考えています。
   その時までに、財務強化対策をしていきたいのですが、どの保険商品をどのように使うのが一番効率的なのか教えてほしいのです。教えていただけますか?

A.jpg
退職金税制を有効に使うべきでしょう。
   優遇されている退職金税制を有効活用するためにわざと退職することは、経営上の問題や税務署からの判断などでも決してお奨めできる方法ではありませんが、本当に退職時期が来るということであれば、退職金税制を有効に使うべきでしょう。
   大きな退職金を出して大赤字になるということは良くないので、役員の退職金規定をしっかり作成して、退職金支給で大赤字にならないように退職金を事前にしっかり準備をして、実際に退職金を出す時には、株主総会と取締役会を開き、議事録を残すことをお奨めします。

   しかし、退職金税制を有効活用することよりも、もっと良い方法があります。
   退職の優遇税制を使うのは退職したいからではなく、頑張って働いた経営陣が、有利な税制で効率よく個人の資産形成を図れるようにしてあげたいからですよね。であれば、退職をしなくても、会社の含み資産を個人に効率よく移管することも可能です。

   一般的な提案に併せて、新しい提案もお奨めしたいと思います。
   退職をせずに、経営者としてそのまま経営を続けることができます。お望みであれば、退職をせずにこのように経営を続けられます。現在の社長が代表取締役として残ることで、対外的にも評価が良い場合にも有効な手段です。
   そして、退職制度は、消えてなくなるわけではありませんので、のちのちに、本当に退職せざるえない時に活用すればいいと思います。

お問い合わせ
法人保険のお問合わせランキング

― 特集ページ ―

全額損金の医療保険

経営者におすすめの全額損金の医療保険とは?法人保険のプロが無料でご提案いたします

お役立ちツール・情報
お役立ちツール・情報
法人保険12の活用方 法人保険選びの基礎知識 法人保険の税務(経理処理) お役立ち書式無料ダウンロード 保険用語辞典 法人保険関連ニュース
外部サイトリンク
リンク
逓増定期保険.jp

保険提案のプロが最良の逓増定期保険の見積りをご案内いたします

がん保険一括見積り

経営に必要ながん保険の簡単一括見積りを、財務管理のプロが無料でご提案いたします

生命保険で相続税対策|相続保険ナビ

生命保険なら相続税税制改正後も安心。税理士による無料相談を承ります。

メディアに掲載されました
法人保険を活用した対策方法や法人保険での節税を提案するポータルサイト
法人保険ナビ
株式会社インフォランス運営会社:

Copyright © 2002-2016 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.

Copyright © 2002-2015 Info Rance Japan corporation All Rights Reserved.